BKCから社会問題を解決:Sustainable Weekが開催

【11月号紙面より】

 

 10月1~6日、びわこ・くさつキャンパスでSustainable Week(以下、SW)が開催された。学生が主体となって、国連が掲げるSDGsの17個の達成目標を学内版の達成目標と捉え、1団体で1ミッションを担当。様々なイベントが行われ、参加者は合計2300人以上にのぼった。関わった学生は約700人。学生主導のイベントとして今後の見本を作った。

 

《Sustainable Week特集はこちら》

 

 様々な企画が開催されたSWだが、2、3日には学生の自主性と行動力向上を目的に、BKCインキュベータに入居しているベンチャー企業の方を迎えて講演会が開かれた。ユニゾンファブリク代表の岡田孝浩氏(経営学部卒) は経営者に必要なこととして、責任感・決断力・考察力を挙げた。「いざ決断するとなった時、リーダーは意外と孤独」と述べつつも「なかなか相談出来ないからこそ、自信を持って決断するしかない」と自身の経営観について語った。

 5、6日にかけては、学生にZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) について知ってもらおうと、未来の住宅を提案する企画が行われた。ZEHとは、電気代節約のためエアコンを使用しないといった「我慢する省エネ」ではなく、健康かつ快適な状態の中で「無理のない省エネ」に取り組もうとする考え方だ。それを可能にするのが入れ子構造だ。入れ子構造にすることで、外気の影響を遮蔽しつつ光や風を効果的に取り入れることができる。またこの構造は、住まい手の家族構成の変化に応じ、多様な生活スタイルに対応できるという点でも有効だ。

 SWでは、ZEHに人が生活する上で必要不可欠な水という観点を加えた。住宅の模型を例に、水の無駄をなくし、繰り返し使うことを家単位で取り組むコンセプトを紹介した。

 本学理工学研究科の織田浩平さんは「SWを通して他の団体との繋がりができた。それぞれの学生が個として活動してはいるが、イベント成功という大きな目標は同じ。そのおかげで成功に導けた」と活動に手応えを感じたようだ。

0 コメント

本学唯一の混声合唱団メディックス 定期演奏会を12月10日に開催

 立命館大学で唯一の混声合唱団「メディックス」は、12月10日(日)に大阪いばらきキャンパス内にある立命館いばらきフューチャープラザ・グランドホールにおいて、第54回定期演奏会を開催する。

 メディックスは2016年関西合唱コンクールにて金賞と学生指揮者賞をW受賞するなど、高い実績を誇る団体だ。

 メディックス定期演奏会の見どころや演奏される曲は以下の予定だ。

 気になった方はぜひ足を運んではいかがだろうか。

 メディックスの公式Twitterはこちら

 

1st...千原英喜の世界

合唱界を代表する千原英喜先生が作曲された合唱曲のアラカルトステージです。

アラカルトならではの世界観をお送りします。

 

2st...混声合唱組曲「燕の歌」

メディックス常任指揮者である松尾卓郎先生によるステージです。

どこか懐かしいような、色彩豊かな音楽をプロの指揮でお送りします。

 

3st...企画ステージ「南の国からこんにちは」

南の国をテーマに、一風変わった合唱曲を集めました。

あなたの合唱のイメージが一気に変わるステージになるでしょう。

 

4st...混声合唱とピアノのための「くちびるに歌を」

四つのドイツ詩に音をのせた、合唱界では名の知れた合唱曲です。

ドイツ語と日本語がどう交ざりあい、どんな音楽を描くのか、必聴です。

 

2017年メディックスの集大成となる演奏会です。是非お越しください。

 

<詳細情報>

混声合唱団メディックス第54回定期演奏会

日時:12/10(日)

‪開場:14:30

‪開演:15:00

‪場所:立命館いばらきフューチャープラザグランドホール

‪料金:500円

0 コメント

Sustainable Weekを終えて:実行委員長・馬場さんインタビュー

 学園全体を巻き込んでの大イベント、Sustainable Week(以下、SW)が終了した。約30の学生団体が思い思いのSDGsを表現し、注目を集めた。参加者は合計で2300人にのぼるなど、イベントへの関心の高さが浮き彫りとなった形だ。今回は、学生団体を束ね、企画の代表を務めた、SW実行委員会・実行委員長の馬場亮輔さん(理工4)に話を聞いた。

馬場さんはSWを振り返り「企画を進めていくにあたってはチームの力に支えられた。1人で理想を掲げても、何も実現できない。企画内容に共感し、一緒に頑張ってくれる人がいるから、初めてのことや困難そうに見えたことでも成し遂げることができた」と話す。

 

《Sustainable Week特集はこちら》

 

 南草津駅周辺の商業施設に入居するUDCBK(アーバンデザインびわこ・くさつ)でSDGsについての理解を深めようと講演会を開くなどして、地道に認知度向上に努めてきた。講演会にはママさん主体のNPO団体・行政職員・子持ちの親といった比較的意欲の高い人が集まるため、新しい活動や出会いも生まれやすいという。そうしたコミュニティの存在は、学生が考えていることを地域社会へ向け、発信するための窓口になりうる、価値あるものだ。大学職員や地域の方が一緒になって学生の話を汲んで、それぞれができること・目標を加味していくことで、大きな波が起こりうるのだ。

 また馬場さんは、大勢をまとめていくに際して「参加に名乗りを挙げてくれた学生団体が取り組みたい企画をどれだけ実現させるかが大事だ」と語った。当初は「自分が掲げた理想をみんなにやってもらえばいいや」と思っていた。だが、SWを進めていく中で「自分の理想を100%貫くよりも、みんながやりたいことを寄せ集めてやった方が、より面白いイベントになり、チーム自体も大きくなる。みんなの理想を等配分して考えていくことが一番大事なんだ」と気づかされた。みんなの意見を取りまとめ、企画を実現していく上ではしんどいと思うこともあったが「みんなと一緒にイベントを作っているというやりがいがあったから頑張りきることができた」と終わりをこう締めくくった。

 大勢をまとめるという点で、企画への思いをどういう風に第三者へ伝えていくのか、また、企画を実施している理由をどのように伝えていくのかが課題として残ったものの、来年度以降もSDGsのイベントは続けていきたいとしており、社会問題解決への思いは次へ託された。

0 コメント

応援団 京都駅に舞う 第38回連盟祭が開催

立命館大学応援団単独ステージにおけるチア演舞の様子
立命館大学応援団単独ステージにおけるチア演舞の様子

 「第38回連盟祭~四雄の宴~」が9月8日に京都駅ビル室町小路広場で開催された。7日の開催が予定されていたが、雨天のため翌日に順延となった。「連盟祭~四雄の宴~」は関関同立の4大学それぞれの応援団により、単独ステージや合同ステージなどが披露される年に一度のイベントである。

 普段はライバルとして切磋琢磨している4大学が合同で見せるコンバットステージやフィナーレは見どころである。それぞれの大学が個性あふれるステージを見せる中、立命館大学応援団も今年は130人を超えるメンバーで例年にも増す迫力ある演舞・演奏で観客を盛り上げた。

 立命館大学応援団は「日本一感動を与える応援団」という理念の下、本年度の目標に「翔」を掲げ活動しており「伝統を守りながら、よりよい応援団を目指したい」と平成29年度団長の井上凌さんは語った。日々進化し、立命館大学を活気づけてくれる応援団の今後の活動に期待だ。

0 コメント

ジャズの音色 草津に響く

 10月7日、草津アミカホール(滋賀県草津市)で、本学JAZZCLUBが草津市の協力で運営する「JazzFestival inAMICA」が開催される。

 

 3~5人の少人数のコンボから、最大20人以上にもなるビッグバンドでの演奏もあり、多彩な音楽が奏でられる。ゲストバンドとして天理大学のALS JazzOrchestraも出演する予定だ。大学生以下は無料で入場可能。一般は500円。問い合わせは草津アートセンター、電話077-561‐6100。

0 コメント

Sustainable Week:持続可能な開発目標(SDGs)の達成に挑む学生団体

Sustainable Weekの参加団体が集まる会議
Sustainable Weekの参加団体が集まる会議

 10月1日~6日に立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)で開催される学生イベント「Sustainable Week」。開催まで3か月を切り、参加する各学生団体や同イベントの実行委員会は着々と準備を進めている。

 今回は参加する団体の中から、ジェンダー・LGBTQに関する活動を行う「color-free」と、理工学部プロジェクト団体「ロボット技術研究会(RRST)」の代表に、Sustainable Weekでの活動について話を聞いた。

*Sustainable Week関連特集はこちら

 同イベントでは、BKCを「ひとつの小さな地球」と捉え、国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」をBKCにおける1万人規模の社会問題にアレンジし、学内で17個のSDGsを達成することを目標としている。17個のSDGsに対して、1団体が1ミッションを達成することで社会問題解決に挑む。

続きを読む 0 コメント

「Sustainable Week」BKCで10月開催 学生団体が社会問題解決をテーマにイベント開催

 学生が企画する、学園を挙げた一大イベント「Sustainable Week」が2017年10月1日(日)~10月6日(金)に立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)で開催される。

 「Sustainable Week」は学内のサークルや研究室、学生団体などが参加し、学生同士の連携によって、世界で起こっている問題への解決へ向け主体的に取り組むという、次世代のキャンパスモデルとなることが期待される。

 

国連が定めた17個の開発目標
国連が定めた17個の開発目標

 国連は、2015年9月に開催された「国連持続可能な開発サミット」において、17の達成目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」を採択した。今回のイベントでは、国連のSDGsの取り組みと絡め、BKCを“ひとつの小さな地球”と捉え、SDGsをBKCにおける1万人規模の社会問題にアレンジし、学内で17個のSDGsを達成することを目標としている。SDGsの取り組みは、世界のみならず日本でも北海道大学などが実施しているが、こうした17のSDGsの目標を学生団体が1団体で1ミッション担当するという発想は、日本初の試みだ。

 

続きを読む 0 コメント

メディックス、サマーコンサートを開催

立命館大学で唯一の混声合唱団、メディックスは、2017年6月25日(日)に衣笠キャンパス以学館1号ホールでサマーコンサートを開催する。

2016年関西合唱コンクールにて金賞と学生指揮者賞をW受賞するなど、高い実績を誇る団体だ。

サマーコンサートの入場は無料で、メディックスによればJ-POPから合唱曲まで幅広く演奏し、誰もが楽しめる内容になるという。

開催時間など、詳細は下記Twitterなどで確認してほしい。

気になった方は、ぜひ足を運んでみてはどうだろうか。

 

メディックスの公式Twitterはこちら

0 コメント

産学官民金連携:竹灯篭祭りが守山にて開催 学生団体haconiwaが企画

地域住民の子供たちの願いが書かれた竹灯篭
地域住民の子供たちの願いが書かれた竹灯篭

 4月22日、滋賀県守山市の大川下流にて行われた「大川ウッドデッキ竣工式」に伴い「竹灯篭祭り」が開催された。

 竹灯篭祭りは、大川周辺の竹林による問題が深刻化する中、それを改善するとともに、町の魅力をアピールする機会を設けるため、本学の学生団体haconiwaが企画・提案し、守山市、美崎自治会などとともに運営された。

 haconiwaは「大川活用プロジェクト」という、野洲川の改修工事により、水質が悪化した大川の水環境改善と観光資源化を目指した産学官民金連携プロジェクトに所属し、当祭りはその一環として行われた。

 haconiwa代表・桑原さんは「今回の灯篭祭りでは約300名の方が参加された。地域住民からは、若者が来てくれる事自体が町の活性化につながるとの声もあった。」と話し、実際に会場では本学の学生や他大学学生の姿も見受けられた。

 また桑原さんは「今回は竣工式に合わせる形で灯籠祭りを開催したが、次回からは今回の行事を定例化し、別の時期に行いたい」とも語った。(戸簾)

0 コメント

「少子化への意識向上を」BKCの学生プロジェクトREFLE.

REFLE.プロジェクトのメンバー
REFLE.プロジェクトのメンバー

 今年7月、滋賀県の少子化対策学生プロジェクト事業に採択された、びわこ・くさつキャンパスの学生によるプロジェクト「REFLE.(レフレ)」をご存知だろうか。

 学生代表の上田隼也さん(生命・3)を中心としたこのプロジェクトは、立命館大学の学生に対し、学外の団体などと連携して「子育て」に関するワークショップやアンケート調査などを実施。実際に働く様々な職業の人を呼んだパネルディスカッションや、「ママさん」との料理教室なども行った。これらの活動を通して学生へ向けて子育てや仕事への意識向上を目指す。

REFLE.の来年の活動予定
REFLE.の来年の活動予定

 今年の活動は11月10日をもって終了したが、来年は「子育て」という観点から、学生が少子化を身近に考えることができるような新たな企画を予定している。それが「少子化×福祉」「少子化×食育」「少子化×多文化」の3プロジェクトである。

 「少子化×福祉」では、子育てについてもっと知ってもらいたいという願いから、妊婦と学生の交流として「立会い出産」を通して命の大切さを学んでもらう企画や、3人に1人ががんで死亡するという現代でがん患者やその家族を支え、交流の場を設ける仕組みである「リレー・フォー・ライフ」への参加を企画している。この仕組みは滋賀医科大の学生が、日本で初めて学生による運営を行っているもので、同じ滋賀県の立命館大も手伝おうというものだ。また「福祉」プロジェクトのリーダーの中川原佳晃さん(薬・3)は、滋賀で積極的に活動をする学生とつながり、滋賀の魅力を伝える取り組みも進めたいとしている。

続きを読む 0 コメント

日中をつなぐ架け橋に 学生団体 「freebird」

毎年開かれる京都学生祭典でも活動を展開= 2014年10月12日、京都市左京区・平安神宮(日 中学生交流団体「freebird」提供)
毎年開かれる京都学生祭典でも活動を展開= 2014年10月12日、京都市左京区・平安神宮(日 中学生交流団体「freebird」提供)

2015年5月号より

 

 現在、日中関係は緊張状態にある。そのような状況下でも日本のある学生団体は関係改善への糸口をつかもうとしている。日中学生交流団体「freebird」だ。

 同団体は関東・関西・上海・北京、四つの支部から成り立っており、それぞれの支部ごとに特色のある活動をしている。団体外から両国の人を10人集め、毎年夏、4つの支部を順番に回る形で1週間の合宿を行い、日本人と中国人の交流の場を設けている。日中関係改善のためにお互い話し合える場を作ろう、というコンセプトだ。

 

 関西支部では顧客のベースがない中国資本の航空会社のために中国人留学生を仲介し、ツアー情報の広報活動を行う。同様に日本の大手旅行会社に向けて、同団体の中国人メンバーが中国人ならではの視点で組んだツアーをリポートにして提供する活動などを行っている。

 関西支部は現在25人。日本人と中国人の比率は半々だという。さまざまな大学の学生が加入しており、立命館大の他に同志社大・龍谷大・関西学院大などの学生がいる。

 関西支部代表の濃野司さん(法3)は「現在、日中関係には多くの人が関心を寄せているが、肝心のお互いの生の声が聞ける場が少ない。興味はあるが、あと一歩を踏み出せないといった人が多いように思う。この団体ではそんな人々の一歩を後押しできるようにしたい」と語る。

 ことしの夏合宿は5月末まで募集中。語学力は問わず、費用は4万円となっている。 (石田遼太)

0 コメント

ラオスの子どもたちのため

サークルのやりがいを語 る國屋知暉さん(右)と 岡本健斗さん(左)=4 月 23 日、衣笠キャンパス ・学生会館
サークルのやりがいを語 る國屋知暉さん(右)と 岡本健斗さん(左)=4 月 23 日、衣笠キャンパス ・学生会館

2015年5月号より

 

 教科書購入の時期になり、ことしも「Study For Two(SFT)」による教科書販売が行われた。SFTは、全国約60の大学に支部を置き、ラオスの子どもたちへの学費援助を目的に活動をする団体だ。

 「勉強したいと願う全ての子どもたちが勉強できる世界を」という理念の下、学生から教科書を回収し、定価の半額で販売し、利益をラオスの学費支援として寄付する。 

 

 SFTの魅力について、立命館大衣笠支部代表の國屋知暉さん(文3)は「頑張るほど成果が目に見えてわかる。何より、支援を受けた子どもたちの笑顔の写真が送られてくるとやりがいを感じる」と話す。

 現地での活動はもちろん、日本にいながらでも国際ボランティアに関われる面も魅力の一つだと語るのは、前代表の岡本健斗さん(法4)。

 二人が口をそろえて言うのは、非公認サークルとしての現状と、知名度の低さ。去年は、W杯の観戦イベントなどを企画し、知名度アップを図った。ツイッターでも広報活動を行っている。

 「立命館大のSFTを誰もが知っているようなサークルにしたい」と岡本さんは意気込む。

 「教科書を買うならSFTを利用してほしい。半額で購入できるので学生にとってのメリットも

ある。教科書を購入することでラオスの子どもたちが勉強できることを知ってもらえたら」と國屋さんは語った。

 次回の回収は、7月の定期試験の期間にサービスラーニングセンターで行う予定。 (小林紀貴)

0 コメント